リタイアメントビザ「80万バーツ」両替について

リタイアメントビザ申請のために外貨両替を行う場合は、以下の点にご注意ください。

  • 両替は銀行か公認両替商の店舗でおこなうこと
  • 自身の名前が記載された両替証明書を入手
  • 送金50万、両替30万といった合わせ技、分割して両替も可。

両替は銀行か公認両替商の店舗で

手間と安心面では、口座開設されている銀行で両替を行い、すぐ入金を行なうのが一番です。
一方で、両替商のほうは銀行に比べ、0.5 ~1%くらいレートが良いというメリットがあります。

両替商を利用する際の注意点:

  • 『Authorized Money Exchange』等と書かれた、公認両替商の店舗を利用する
  • パスポート持参
  • ちゃんとした両替証書を発行してもらうこと(上の画像参照)、氏名やパスポート番号などをしっかりチェック。
  • 公認両替商であっても、繁華街などにある小さな両替カウンター、支所のような店舗は不可


    外貨両替証書の例
    外貨両替証書の例

両替商はリクエストをしないと両替証書を発行してくれない所が多いです。もし、スーパーやコンビニのレシートのようなものを渡された場合は、。

公認両替商はたくさんありますが、比較的有名なところを挙げておきます。

SuperRich Thailand(BTSチッドロム)
VASU exchange (BTSナナ)
Siam Exchange (BTSサイアム)

両替や送金の分割・合わせ技について

「80万バーツを一度に両替しなければならない」といったルールはなく、分割して両替することでも結構です。例えば3回に分けて両替(30万、30万、20万)くらいでしたら、都度両替証明をもらっておけば問題ありません。
また、日本から50万バーツを送金しておき、残りの30万バーツを両替という方法も可能です。

なお、地方の入国管理局の場合、独自のルールが存在することがありますので、ご注意下さい。